アボカド ナチュラル薬膳生活まいにち薬膳素材♪

ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校サロンのオーナー講師、ナチュラル薬膳生活クリエイター須崎桂子☆けいてぃーさんがご紹介する「まいにち薬膳素材」。

「ナチュラル薬膳生活無料メルマガ教室」のレッスンにて薬膳キッチンから毎回楽しくお伝えしています。

今回ご紹介しているのは補気類(ほきるい)のアボカドです。

補気類は身体に気(生体エネルギー)を補充する薬膳素材の分類です。

アボカドはちょっと身体を冷ます涼(りょう)の性質。

収斂する酸味と滋養する甘味、ふたつの味の作用を併せ持っています。

中医薬膳学ではこのように味の性質が、心や身体に何らかの作用を及ぼすと考えるのですよ。

五臓六腑の中では、肝、消化器系統の脾に働きかけます。

肝は胆汁を産生して消化を助けますし、

脾を滋養すると消化吸収力が高まるので気を効率よく生み出すので元気になります。

現代栄養学やメディカルハーブの見地から見ると、

血脈をサラサラにきれいにする上質な脂質、不飽和脂肪酸が豊富。

腸管を潤してお通じを促すのにもいいですね。

また、ビタミンEも含むので細胞が錆びるのを防ぐ抗酸化作用があるから

アンチエイジングにもお役立ち。

ですから、疲労回復、お通じ改善、老化防止の家庭薬膳にどうぞご活用ください。

補気類 アボカド
四気:涼
味性:酸甘
帰経:肝脾
作用:補中益気 利胆 通便

参考文献:『ナチュラル薬膳生活応用編』p.133 須崎桂子著

LINE@限定情報をお届け中(^^)/
お友だちになってね!
友だち追加